書誌情報[ソースを編集]

タイトル
自殺論 (中公文庫 ; [テ-4-1])
責任表示
デュルケーム著 ; 宮島喬訳
出版事項
東京 : 中央公論社, 1985.9
形態事項
568p : 挿図, 地図 ; 16cm
ISBN
9784122012561
注記
原書第3版の翻訳 / 15刷(2003年3月), 20刷(2008年7月)の出版社名: 中央公論新社
別タイトル
Le suicide : étude de sociologie
著者標目
Durkheim, Emile, 1858-1917 ; 宮島, 喬 [ミヤジマ, タカシ] 訳
分類
NDC8:368.3 , NDLC:ED43
件名
NDLSH:自殺

目次[ソースを編集]

序文・序論(Keisic) ※括弧内は、レジュメ作成者

第一編 非社会的要因[ソースを編集]

第一章 自殺と精神病理的状態(T.K.
第二章 自殺と正常な心理状態−人種、遺伝(Keisic
第三章 自殺と宇宙的要因(T.K.
第四章 模倣(Keisic

第二編 社会的原因と社会的タイプ[ソースを編集]

第一章 社会的原因と社会的タイプを決定する方法(T.K.
第二章 自己本位的自殺(Keisic
第三章 自己本位的自殺(つづき)(T.K.
第四章 集団本位的自殺(Keisic
第五章 アノミー的自殺(T.K.
第六章 種々の自殺タイプの個人的形態(Keisic

第三編 社会現象一般としての自殺について[ソースを編集]

第一章 自殺の社会的要素(T.K.
第二章 自殺と他の社会現象との関係(Keisic
第三章 実践的な結論(T.K.

慶応大 小熊研究室 2000年度小熊研究会1秋学期レジュメ 相澤真一「エミール・デュルケーム『自殺論 − 社会学研究』」


紹介[ソースを編集]

役立つ情報[ソースを編集]

http://classiques.uqac.ca/classiques/Durkheim_emile/suicide/suicide.html

に章ごとに分割された原著のWord、PDF、RTFファイル、及び関連文献のリンク集がある。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。